栃木県作業療法士会公式サイト  http://www.tochi-ot.com/
栃木県作業療法士会ロゴ

作業療法 OT リハビリテーション 機能訓練 介護保険 国家資格 理学療法士 福祉 栃木県 障害 デイケア 手工芸            Homeサイトマップ
一般社団法人 栃木県作業療法士会


作業療法とは 作業療法の実際 OT推進月間
OT推進月間メニューページはこちら】   過去の推進月間はこちら→
○ 作業療法推進月間 in とちぎ
報告
宇都宮市のとちぎ健康の森で開催された第6回とちぎ福祉機器展で栃木県作業療法士会のブースを設置し、認知症のセミナーなどを通じて作業療法の普及・啓発活動を行ってきました。

 
○ 栃木県作業療法士会ブース/認知症セミナー

〜 OT紹介コーナー 〜
作業療法を説明したパネルを展示し、一般の方々へ「作業療法」を士会員が丁寧に説明しました。

〜 頭の体操コーナー 〜
今年も恒例、Kohs立方体(+巨大版)、BADSを利用したコーナー

〜 ノベルティグッツ配布 〜
使ってもらえるもの、常に“栃木県作業療法士会”をアピールできるものとの担当者の発案で今年は“ポストイット”を配ってPR!!

〜 認知症セミナー 〜
昨今取り上げられることが増えてきた認知症、昨年にも増す盛況ぶりで、国際医療福祉大学 小賀野氏を講師に2日間で全4回、110人の参加者を迎え開催しました。

○ 第3回とちぎ福祉用具”発明&工夫”コンテスト 栃木県作業療法士会主催

今年で3回目となるコンテストは最優秀賞に輝く作品はなかったものの、昨年を上回る全28点の応募がありました。
出品数は増えましたが県士会員からの出品は・・・。
自助具・福祉機器は我々のフィールドでもあるはず、次回は皆さんのアイデアを!!


黒須セキさんビニールの蓋開け具(くるくる棒)優秀賞: ビニールの蓋開け具(くるくる棒)
黒須 セキさん(鹿沼市) 2年連続の受賞!
【一言】
ケアハウスに住んでおり、そこに住んでいる方を見てヒントやアイディアをもらっています。

蕎麦田美和子さん耳ダンボ枕優秀賞: 耳ダンボ枕
蕎麦田 美和子さん(真岡市)
【一言】
84歳になる父が一人暮らしをしており、毎日通っています。手が腫れたり、耳が遠く聴こえ難い父からヒントを得ました。

車椅子での首と頭の支えでらくらく奨励賞: 車椅子での首と頭の支えでらくらく
森山 美恵子さん(上三川町)
【一言】
介護を初めて17年経ち、そこからアイディアが生まれました。今回コンテストを知り、それをきっかけに作ってみました。

片手で取れる薬箱奨励賞: 片手で取れる薬箱
平石 和一さん(益子町)
表彰式へは参加されませんでした。

ラックンプリン奨励賞: ラックンプリン
牡鹿 実さん(下野市)
【一言】
実際の現場でヨーグルトを開ける、薬を取り出すことに介助が必要な方が多い事から考えました。

特別賞: 栃木県立塩谷高等学校 福祉課
福祉の専門職を目指している一年生が基礎介護の授業で作りました。数人のグループで意見を出し合い、試行錯誤することで色々なことを考えながら作る事が出来ました。二年生で行なう実習などに活かしていけたらと考えています。
 
 

Homeサイトマップ県士会員専用ページ作業療法に興味のある方へ栃木県作業療法士会リンク集

当士会ホームページへのリンクをされる場合にはお手数ですが、【こちら】までご連絡下さい。
相互リンクについては当士会に関連のある医療・福祉・学術等の団体に限らせて頂いております。
© Tochigi Occupational Therapists Association