栃木県作業療法士会公式サイト  http://www.tochi-ot.com/
栃木県作業療法士会ロゴ

作業療法 OT リハビリテーション 機能訓練 介護保険 国家資格 理学療法士 福祉 栃木県 障害 デイケア 手工芸            Homeサイトマップ
一般社団法人 栃木県作業療法士会


事務局
「作業療法の普及向上」ならびに「会員の学術技能の研鑽」を目的とする県士会活動に向けて、県士会員の情報整理を行い、出来るだけ速やかに会員へ様々な情報が届くよう努めています。

【活動内容】 事業部は3部門と2委員会から構成されています。
部門・委員会 活動内容
会員管理部門 会員の入退会ならびに会員の名簿の管理
総会議事運営部門 士会総会の運営
法人庶務部門 士会内外の文書等の管理
日本作業療法士協会、各県士会、他団体との連絡調整 
理事会開催(事前準備や議事録作成)
規約委員会 定款施行規則・規約の見直し
選挙管理委員会 選挙告示、選挙運営・実施

【構成局員の紹介】
事務局長1名、事務局員1名にて事務局運営
財務部 部長 横山 奈美(JCHOうつのみや病院)
栃木県作業療法士会の資産、損益、キャッシュフローの管理を行います。

【活動内容】 財務部は2部門から構成されています。
部門 活動内容
年会費管理部門 事務局と連携し会員の年会費の徴収および管理を行う
年会費領収証の発行および管理を行う
年会費徴収方法の検討を行う
予算管理部門 各部・委員会等の会計担当者との会計担当者会議の開催
士会主催研修会等の参加費領収証の発行
士会主催研修会等の講師謝金領収証の発行
講師謝金等にかかる源泉税の納入および管理
補正予算ならびに決算報告書の作成
会計監査会の開催
予算委員会の開催
予算案の作成

【構成部員の紹介】
部長1名、部員名5〜6名にて運営
学術部 部長 岩瀬 直樹(宇都宮リハビリテーション病院)
@分野別研修会の開催
  身体障害分野 3回(各ブロック1回)
  精神障害分野 3回(各ブロック1回)
  発達障害分野 3回
  高齢者分野  3回(各ブロック1回)
A部会会議 2回/年
広報部 部長 高村 直裕(国際医療福祉大学)
広報部は、ウェブサイト管理運営部門、会報誌「栃の実」作成部門、リーフレット作成部門の3部門で構成されています。県士会員に対して有益な情報の発信を行うとともに、栃木県民に対して作業療法を知っていただくための普及・啓発活動を事業部と連携して行っています。

【事業内容】
広報部
・全体会議 【1回 / 年】
ウェブサイト管理運営部門
部門長 仲田 海人(皆藤病院)
会報誌「栃の実」作成部門
部門長 岡田 宏基(那須高原病院)
リーフレット作成部門
部門長 調整中
1) ホームページリニューアル
2) 求人情報掲載
3) メーリングリスト運用(研修会情報等)
4) 新規コンテンツの検討・作成
5) 部門会議 【1回 / 年】
1) 会報誌「栃の実」企画・発行
   発行月 6月・10月・2月
2) 部門会議 【3回 / 年】
1) リーフレット企画・発行
2) 各士会広報関連資料収集
3) 部門会議 【1回 / 年】

【構成部員の紹介】
部 長 高村 直裕(国際医療福祉大学)
副部長 岡田 宏基(那須高原病院)
部門長 岡田 宏基(那須高原病院)
     仲田 海人(皆藤病院)
部 員 遠藤 勇騎(佐藤病院)
     沼尾 佳奈子(にしなすの総合在宅ケアセンター)
     鈴木 拓也(しおや総合在宅ケアセンター)
     三原 なな(しおや訪問看護ステーション)
     服部 真吾(那須高原病院)
福利厚生部 部長 和久井 千夏子(とちぎリハビリテーションセンター)
福利厚生部は、会員同士のコミュニケーションの場を設けるために新入会員歓迎会や交流会の企画・運営を「新入会員歓迎会企画運営部門」と「ブロック別交流会企画運営部門」の2つの部門に分かれて活動しています。

【事業計画(H30)】
新入会員歓迎会の実施
交流会の実施
県学会における託児サービスの実施

【構成部員の紹介】
新入会員歓迎会企画運営部門 部門長 和久井千夏子 栃木県立リハビリテーションセンター
部員 稲村 哲男 栃木県立岡本台病院
部員 前田 あゆみ 栃木県立リハビリテーションセンター
ブロック別交流会企画運営部門 部門長 稲村 哲男 栃木県立岡本台病院
部員 和久井千夏子 栃木県立リハビリテーションセンター
部員 前田 あゆみ 栃木県立リハビリテーションセンター
事業部 部長 遠藤 真史(地域生活支援センターゆずり葉)
@広報啓発 
 1.各種イベントでの広報活動  2.高校生の作業療法体験事業の実施  3.県内養成校の広報協力
A自助具福祉用具コンテスト
B障害者スポーツ関連事業を通じた作業療法士の社会貢献活動
教育部 部長 小島 宣明(介護老人保健施設にっこう)
県民の保健・医療・福祉の発展に寄与する作業療法士の育成・普及のためには継続的な学術的研鑽の場が必要です。教育部は、日本作業療法士協会「生涯教育制度」の基礎研修として「現職者研修(必修)」を開催し全会員(OT協会会員=県士会員)の生涯学習の出発を支援する生涯教育研修部門と、生涯教育制度に対する相談窓口や生涯教育制度に基づく手続き等を行う生涯教育管理部門の2つの部門で構成されています。

【担当理事からのひと事】
教育部主催研修会の講師選定基準は、生涯教育制度における基礎研修修了者以上または認定作業療法士と位置づけられております。共通研修では県内養成校の現役教員の講師協力が多く、親近感が得られ易い環境での卒後教育がスタートできます。選択研修では各専門領域における臨床の第一線で活躍される講師陣を迎え、領域によっては認定作業療法士による講義機会も得られます。
運営部員はOT経験2年目〜20年以上の総勢20名(内:女性4割)、8割が基礎研修修了者。また県内養成校出身者が8割、急性期から地域に至るまで幅広い多領域から部員を選出し、研修会の合間でのコミュニケーションが得られやすい環境を心がけて運営しています。
生涯教育手帳「受講記録」を片手に、はじめの一歩を一緒に歩みましょう。

2018年度事業計画と構成部員の紹介(PDF)
地域リハビリテーション推進部 部長 有馬 正人(曙訪問看護ステーション)
地域リハビリテーション推進部(以下、推進部)は、「栃木県内の地域リハビリテーションに関する動向を把握し、地域に貢献できる作業療法士を育成する」との方針を基に、地域包括ケア・介護予防推進部門、認知症ケア対策推進部門、MTDLP推進部門、訪問リハビリテーション推進部門の4つの部門で構成されています。様々な研修会の企画・運営と各部門間の連携も図りながら、地域における横の繋がりを拡大する事に力を入れています。

【活動計画】
地域リハビリテーション推進部
・部門会議【2回/年】
地域包括ケア・介護予防推進部門
部門長 久米 真菜美(尾形医院)
認知症ケア対策推進部門
部門長 山本 知秀(佐藤病院)
・地域ケア会議、介護予防、日常生活総合事業に関する人材育成研修【2回/年】
・部門内会議【1回/年】
・支部長会議【2回/年】
・地域ケア会議および介護予防・日常生活支援、
総合事業に関する人材育成研修会への参加
【1回/年】
・ブロック研修(県北,県央,県南)【各2回/年】
・ブロック会議(県北,県央,県南)【各2回/年】
・認知症アップデート研修【2回/年】
・部門内会議【2回/年】
・認知症作業療法推進委員会への参加【1回/年】
・認知症初期集中支援チームや認知症カフェ等地域活動における情報収集・発信
MTDLP推進部門
部門長 五月女 彩貴(那須赤十字病院)
訪問リハビリテーション推進部門
部門長 和田 知大(アゼリアホーム)
・MTDLP(基礎)実践者研修の企画・運営【2回/年】
・部門内会議【2回/年】
・身体障害、老年期、発達障害、精神障害、地域の5つの領域に応じた事例検討等の企画
・MTDLP全国推進会議への参加
・部門内会議【1回/年】
・訪問リハビリ・地域リーダー会議への参加【1回/年】
・訪問作業療法における県内のネットワーク形成
(顔の見える関係作り、情報交換等)

【構成部員の紹介】
 ・詳細はこちら PDF
常設委員会
●とちぎリハビリテーションフォーラム実行委員会  委員長 眞島 健太郎
  @とちぎリハビリテーションフォーラムの開催
  A委員会会議開催(年5回)
●住宅改修福祉用具委員会
  @委員会開催
  A研修会開催
  B各種事業依頼への対応
●倫理委員会  松崎 昭治郎(栃木県作業療法士会 監事)
一般社団法人日本作業療法士協会は倫理委員会を設置しています。
栃木県作業療法士会におきましても、一般社団法人日本作業療法士協会と協同して会員の倫理問題に取り組んで行きます。

【当委員会が取り扱う倫理問題】
 1)本会の会員が行った次の行為
  (1)理学療法士及び作業療法士法の欠格事由に該当する行為
   ・罰金以上の刑に処せられる行為(疑いのある場合も含む)
   ・作業療法士の業務に関する犯罪または不正の行為
   ・薬物の乱用行為
  (2)本会の倫理綱領または作業療法士の職業倫理指針に抵触する行為
  (3)その他本会の名誉を傷つけ、または本会の目的に違反する行為
 2)本会の会員が被った不正・不利益・不快感等を伴う行為
 3)本会の会員が第三者として知り得た不正・不利益・不快感等を伴う行為

【該当する倫理問題があった時】
倫理問題がありましたら…
@事実関係(できるだけ詳細に)
Aご希望(本会に対応してほしいこと)
を記載した文書を、お名前、ご連絡先等を明記の上、下記宛てに郵便でお送りください。
(倫理問題報告書の様式をご利用いただくことも可能ですが、必須ではありません。)

〒111-0042 東京都台東区寿1−5−9  盛光伸光ビル7階

一般社団法人 日本作業療法士協会 事務局気付  倫理委員会 宛
(封書に「倫理問題報告書在中」と明記してください)

◆栃木県作業療法士会への倫理問題のご相談は・・・
必要事項記入の上、封書で栃木県作業療法士会事務局までお送りください。
また、メールでのご相談は、
倫理担当者専用アドレス: rinri@tochi-ot.com までご連絡ください。

◆倫理問題の取り扱いについての基本方針
○ご報告いただいた方のご意向、プライバシーおよび個人情報の保護を最優先にして対応いたします。
○但し、職能団体として可能な限界の範囲内での対応になりますことを、あらかじめご理解いただければ幸いです。
○本会の対応は、原則として、倫理問題の処理に関する規程、会員の処分の種類に関する規程、会員処分の標準例・処分量定一覧に基づいて行われます。

◆参考資料
日本作業療法士協会倫理綱領・職業倫理指針(PDF)
倫理フローチャート栃木県版(PDF)

●災害リハビリテーション対策委員会
大規模災害において、災害時要援護者・新たな障害者への対応、ならびに生活不活発病の予防を目的としたリハビリテーション支援を行い、自立した生活を早期に構築するための対策・準備等として、災害リハビリテーションボランティア登録者の募集活動や災害リハビリに関する啓蒙・周知活動として研修会を行うことが当委員会の主な役割です。平成30年度からは、災害リハビリテーション対策委員会(以下:災害リハ委員会)の委員は、栃木県リハビリ専門職協会災害対策リハビリテーション推進部(以下:専門職協会災害リハ推進部)部員および栃木JRAT会員を兼務することとなりました。

【事業内容】
 1)会議開催
  @常設委員会災害リハ委員会 定例会議:6回/年
  A専門職協会災害リハ推進部 代表者会議:2回/年および全体会議:年2回/年
 2)研修会開催(1回/年)
 3)広報・啓蒙活動(栃の実や県学会など)
 4)災害リハビリテーションボランティア登録の窓口

【構成委員の紹介】
 委員長:松川勇(足利赤十字病院)
 書記:神尾昌孝(芳賀赤十字病院)
 会計:熊倉万実子(那須赤十字病院)
 委員:広瀬方博(国際医療福祉大学塩谷病院)
 委員:池田晃子(獨協医科大学病院)
 委員:稲見真梨子(真岡中央クリニック)
 オブザーバー:仲田和恵(上都賀総合病院精神科デイケア 栃木県作業療法士会会長)
特設委員会
●特別支援教育・スクールOT推進検討委員会  委員長 谷口 敬道
  @特別支援教育における作業療法支援内容の検討およびガイドライン作成
  A分野別研修会・ホームページ・栃の実などを通して本事業の活動報告実施
  B特別支援教育における外部専門家活用に協力する作業療法士の育成事業の実施検討
  C本事業最終年度予定につき、事業のまとめと今後の方針決定
  *各部・委員会に関するお問合せは上記連絡先までお問合せ下さい。
●自動車運転支援検討委員会  委員長 土屋 綾子(栃木県立リハビリテーションセンター)
近年の高齢者および障害者の自動車運転に関する社会的関心の高まりを受けて作業療法士が自動車運転支援に関わる機会が増え、求められる役割や責任が大きくなりつつある中、自動車運転支援検討委員会が、平成29年度に設置されました。
当委員会では県内各関係機関における、運転支援に関する作業療法士の関わりについて、実態や問題点の把握を行うと共に、情報の集約および発信を行ないます。また、各関係機関の連携の手段について検討していきます。

【事業内容】
 委員会開催 2回/年 
 事例報告および情報交換会  1回/年
 各種情報の発信  適宜(実態調査の結果について栃の実へ掲載等)

【構成委員の紹介】
 委員長 土屋 綾子(栃木県立リハビリテーションセンター)
 委員  松川 勇 (足利赤十字病院)
      小堀 真希(足利赤十字病院)
      棟形 茂 (塩原病院)
      荒井 明子(那須赤十字病院)
      鈴木 英里子(栃木県立リハビリテーションセンター)
委員会担当
●委員会担当長 松川 勇(足利赤十字病院)
 

Homeサイトマップ県士会員専用ページ作業療法に興味のある方へ栃木県作業療法士会リンク集

当士会ホームページへのリンクをされる場合にはお手数ですが、【こちら】までご連絡下さい。
相互リンクについては当士会に関連のある医療・福祉・学術等の団体に限らせて頂いております。
© Tochigi Occupational Therapists Association